So-net無料ブログ作成

蝉。 [臼井嗣人♪]

毎日毎日、広い空で入道さんがデカイ顔してるけど、、、[ふらふら]


同じようにその存在感を猛烈にアピールしてくるのがセミ[exclamation×2]

大阪のセミは東京みたいに「ミン ミン」なんて品良く鳴きはしない。

シャンシャンシャンシャン、TVの音も聞こえないくらいの凄まじさだ。[たらーっ(汗)]


暑いわ、うるさいわで、い゛~~[exclamation×2][ちっ(怒った顔)]ってなりそうなところだが、今年のアタシはちょいと違う。(笑)


蝉.jpg


ちょっと前に遭遇した羽化し立てのセミ。
人生で初めて目にしたのだけど、これはなんかちょっとした感動だったんだなぁ[ぴかぴか(新しい)]

まだ渇いてない、湿った透明の羽。
それを縁取るエメラルドグリーンがとても綺麗で、神秘的に見えた。
写メじゃその美しさは伝わらないだろうけど、、、[たらーっ(汗)]
きっと刹那の命の中で、一番美しい時なんだろうな。。。

そう考えると、せつない気持ちになって、「ちょっとうるさいくらいガマンしなきゃ」なんて気になってね[わーい(嬉しい顔)]


そんな折出会った、臼井嗣人君の『蝉時雨』という曲[るんるん]

インディーズでリリースされたミニアルバムなのかな??
「疑似餌」ってアルバムに収録されてるんだけどね。

しんみりとした静かな楽曲。
夏の終わり。恋を失った心模様をセミに例えてて、それが妙に淋しげで。。。
セミの泣き声が、心の静寂を際立たせるっていうか。。。
暑い日に聴いても、なんか涼やかで、今、ちょっと気に入ってる[るんるん]


なんやかんやで、かなりさり気なく臼井君のCDやら楽曲を集めているのだけど・・・。
気が付けば、iTunes storeでDLしたものを含めると、一応制覇できたのかな??(笑)

彼の歌を聴いてると、イエモンやエレカシのテイストを感じる時がある。
でも、しっとりした曲を歌う声はまたちょっと違う感じで。。。

そんで、彼の声というか、唄はなんか妙に胸に刺さってくる感じなのよね。。。
なんだろね??
アタシ、やっぱ“声”に弱いなぁ。。。

詞の世界観も正直なんだよなぁ。。。
この男も、感じてること、思ってることを綺麗ごとで取り繕ったりするタイプじゃないんだろうな、きっと。。。

アタシが好きなタイプのアーティストであることは間違いなさそうだ[手(チョキ)]

う~ん[ふらふら]
確実にジワジワきている[あせあせ(飛び散る汗)]


ライブ・・・どうしよ[ふらふら]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。